2015年01月27日

細胞培養基盤技術コースT

こんにちは、培養士Bです。



昨年12月に行われた、日本組織培養学会主催の細胞培養基盤技術コースTを受講してまいりました。


細胞培養基盤技術コースTと聞くと難しく思うかもしれませんが、
主な講習内容は、
細胞培養の基本的な知識(座学)と基本操作(実技)です。
培養操作暦の浅い方や、全くの初心者でも基本的な操作から教えてもらえる講習となっています。



このような基本的な講習に参加しようと思った訳は、というと・・・



・実技講習で自分の癖を知る
・コースTを受講しないとコースUの受講が出来ない


上記2点です。


培養技術はどこも同じと思われがちですが、実際は施設によって方法が異なることがよくあります。
教わるがままに間違った方法や細胞によくない方法をとっていたり、適切な無菌操作が行われていない場合もあるのです。



私が以前勤務していたところでは、2〜3ヶ月の研修の後に一人立ちをするという方法をとっていました。
一人の先輩から教わり、その後は、第三者に作業を見てもらう機会はほとんどありません。

このような環境では場合によっては異なった方法や、気付かぬうちに癖がついている可能性もあります。
私自身も経験を積むほどに指導する立場となっていき、マンツーマンで作業をチェックされるのは4年ぶりでした。


講師の方々は、40年以上ものキャリアをお持ちであったり、中には数千種類もの細胞培養をご経験された方などもいらっしゃいました。
”どこにいっても細胞培養ができるように”をモットーに、細胞培養のハウツーに加え、根幹の考えや思想、培養経験談なども拝聴し、貴重な経験ができたと思います。



講師の先生方は、細胞の様子、形態を”細胞の顔”と表現していたことが個人的にはとても嬉しく感じました。
”細胞の顔”は培養をやってない人には全くわかりません。
また、培養をしていても細胞に愛着や興味がなければ、やはり”細胞の顔”はわかりません。


私自身、今後も検鏡を怠ることなく、細胞の顔をしっかりとみて適切な培養方法を選択していきたいと思います。



product_01_top.jpg


///////////////////////////////



posted by JYC STAFFS at 17:21| 東京 ☔| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。