2015年03月24日

細胞のかたち

こんにちは、培養士Bです。


細胞の形は、一言でいうとどのような形をしていますか?と聞かれた場合、皆様はどのように答えますか?
私は返答に困ってしまいます。

なぜなら、細胞の形は様々だからです。
赤や青、オレンジなど様々な色をしたパプリカを、何色か?と聞かれているのと同様に、
”細胞”という大きなくくりで答えるのは難しいのです。


ここからは、様々な形の細胞の写真をご紹介します。
これらを見ただけでも、多様な形態があることをご理解いただけると思います。
例えば、神経細胞は下の写真のように球根から根っこが伸びたような形をしています。


↓神経細胞









根っこのような部分(樹状突起)から刺激を受け、その刺激を幹のような部分(軸索)から球根のような部分(シナプス)を介して次の神経に電気信号を伝えています。情報を伝達するという役割からこのような形になったと考えられています。



続きまして、血球細胞です。↓

血液の細胞で、体を循環しますので、このような丸い形をしています。接着はせず、ぷかぷかと浮遊しています。
この血球細胞とは逆に、当クリニックで培養している繊維芽細胞は下の写真のように手足を伸ばして、地面に張り付いています。



↓繊維芽細胞





13-M5_通常処理_3F_lot違い3D(未非働化).jpg


同じ繊維芽細胞でも酵素処理をしてはがすと、下の写真のように細胞が丸くなります。


T-25_count.jpg



↓この細胞は繊維芽細胞同様、接着系の細胞です。
繊維芽細胞も、このように一生懸命足を伸ばしてコラーゲンを生成しています。


下記写真も全て細胞の写真です。


↓HeLa細胞




ヒトから初めて株化された細胞です。
子宮頸癌で亡くなった30代黒人女性の腫瘍病変から分離され、株化されました。
原患者氏名ヘンリエッタ・ラックスからHeLa細胞と命名されました。実験などでよく使われる代表的な細胞です。


↓iPS細胞




誰もが知っている細胞です。日々臨床への応用に向けて研究が進んでいます。
早く実用化されるといいですね。



このように、細胞と一言で言っても、実に多くの種類があり、それぞれが重要な役割を担っています。
色々な形のある細胞って、本当にすごいですね(^^)




///////////////////////////////












posted by JYC STAFFS at 14:10| 東京 ☁| Comment(0) | 細胞のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。