2015年05月26日

症例写真を載せてはいけない!?


こんにちは、培養士Bです。



”症例写真を見たいのですが、ホームページに掲載されていますか?”といったお問い合わせをいただくことがあります。
大変申し訳ございませんが、当院では症例写真の掲載はしておりません。
症例写真をご覧になりたい方は、カウンセリングにお越しいただくか、資料請求をしていただくようになります。



患者様の中には、


”カウンセリングに行ったら、強引に治療を進められそう・・・”
”資料請求をしたら、勧誘の手紙がくるのでは・・・”


と、なかなか行動にうつせない方もいらっしゃるかもしれません。
当院では無理に治療を勧めたり、勧誘を目的とした葉書の送付は、一切行っておりませんのでご安心ください。



ホームページに症例写真を掲載しないのには理由があるのです。



それは・・・
”法”(法第6条の5第1項第11号関係)に触れてしまう為です。



厚生労働省のホームぺージに医療広告ガイドラインに関するQ&Aというものが記載されています。
そこには、

Q2−19 治療前後のイラストや写真を掲載することは可能でしょうか。(法第6条の5第1項第11号関係)

A2−19 治療の効果に関する表現に該当するため広告できません。治療効果については、個々の患者の状態等により当然にその結果は異なるものであり、効果について誤認を与えるおそれがあることから、広告することはできません。



とあります。

誤解を招きやすく、トラブルに発展する恐れのある広告はやめましょう、ということですね。

実際、国民生活センターに寄せられる”美容医療サービスの販売方法や広告に問題のある相談”は年々増加しています。↓ 



年度200920102011201220132014
相談件数8108248371,0001,1941,337


とはいっても治療前後の症例写真を掲載しているクリニックはたくさんありますよね。

法の抜け穴でもあるのでしょうか・・・。



中には治療前後か疑わしいものや明るさを巧妙に使ったもの、何の治療で得られた効果であるか不明瞭なものなども紛れ込んでいるようですので、十分にお気をつけください。



当クリニックでは、今後とも誤解を招くことのないよう、カウンセリングや資料請求で症例写真をご紹介していきたいと思います。




///////////////////////////////











posted by JYC STAFFS at 14:36| 東京 ☀| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

1年に50回マラソンしなければ!!

こんにちは、培養士Bです。



先日、再生医療学会総会に行ってまいりました。
iPS細胞で知られるノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥教授の講演もあり、メインホールは満席、別会場での中継も行われていました。



山中先生は、皆さまもご存じのとおり研究者としてとても素晴らしい方ですが、2015年の京都マラソンを完走するなど、体力面もすごい方のようです。



さて、研究で忙しい山中先生が何故マラソンに参加したのかというと、
「ファンドレイジング」というサービスを利用して寄付金を募ることが目的です。



ファンドレイジングとは、民間非営利団体が活動のための資金を個人や法人、政府などから集める行為の総称を指します。
山中先生が活用しているのは”ジャパンギビング”というもので、チャレンジャーがマラソン完走や資格取得などの「チャレンジ」を表明し、家族や友人、知人などの「サポーター」に寄付を呼びかける、といった内容になります。



2012年にも京都マラソンで完走し、1000万円近い寄付が集まったのだとか。
国から補助金をたくさんもらっているじゃない!!と思われるかもしれませんが、国から支給される補助金は研究費にしか使用できません。
最先端の研究には多くの人件費を要すため、補助金だけではまかなえないのです。


iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)では、驚くことに9割近くのスタッフが有期雇用だそうです。
山中先生は、優れた人材の確保、育成のために長期雇用が必要と考え、財源を集めているのです。



研究所での年間の人件費は5億円にものぼるそうで、マラソンの完走で1000万円の寄付が集まったとしても、年に50回走る計算になります。
1週間に1回マラソン・・・もはや、研究者ではなくランナーになってしまいますね(^^;)



再生医療の進歩のためにも、安心できる環境が整う事を願います。



Fundraiser1.gif


///////////////////////////////





posted by JYC STAFFS at 17:00| 東京 ☁| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

2/6 ブログの日

こんにちは、培養士Bです。



2/6はブログの日です。
インターネットにおける記録サービス、ブログの普及を目的に株式会社サイバーエージェントが制定しました。



"ジェイヨシダクリニック STAFF BLOG"は去年の5月からスタートし、早10ヶ月が経過しました。
掲載した記事も、もうすぐ70に到達します。



ブログの内容が”細胞”や”培養法”などマニアックなものを掲載していることが多いので、皆さまに読んでいただけないのでは・・・と心配していた時期もありました。
しかし、当クリニックの患者様は勉強熱心な方が多く、ご来院時やお問い合わせの際にブログの内容が話題に上ることが多々あるようです。


◎ 皮膚採取前はどのような食事に気をつけたほうがいいですか?お肉を食べたら乳び血清になりますか?

◎ 乳び血清にならないように、採血後にクリニックで昼食をとってもいいですか?

◎ 今日は採血があるから、食事に気をつけてきました!!

◎ 今日は4時間前に食事を摂ってしまったので、次回改めて採血に伺います!!

◎ スタッフの方の人柄が伝わってきて、安心して来院できました

◎ パソコンをひらくといつもスタッフブログ読んでいます


といった質問やお言葉を頂くことがあります。
こういったお言葉を頂けるとブログを書いていてよかったなと思います。



その他にも、細胞や培養法などのマニアックな内容もしっかり理解されている上に、
”あのブログにこう書いてありましたよね”など、書いている本人以上に覚えていてくださることもあります(笑)



”看護師Aさんも皮膚採取したんですね?ブログ読みましたよ”
”〇〇の記事が良かったです”など看護師さんと患者様とのコミニケーションにつながることも嬉しく感じます。

治療をご検討中の方には、当クリニックの雰囲気、スタッフの人柄などを知っていただいて、クリニック選びの際に参考にしていただけたら、と思います。



ブログをかかさずチェックしていただいている方のためにも、今後とも更新を継続していきたいと思います。
引き続き、お読みいただけると幸いです(^^)


images.jpg





posted by JYC STAFFS at 10:35| 東京 ☔| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。