2014年12月02日

培養作業の話C-解凍−

こんにちは、培養士Bです。



細胞の種類によって、細かな培養作業は異なりますが、おおまかな作業は決まっています。
細胞が増えたら、回収・継代・保存という作業のいずれかを行います。
新しく培養を始める場合、保存した細胞を解凍するという方法もあります。



今日はこの”解凍”という作業についてお話したい思います。
解凍とは-80℃フリーザーや液体窒素などから細胞を取り出して融解し、新しく培養を始める作業のことをいいます。



解凍と聞くと食物のようにレンジでチンしたり、室温において自然解凍するような過程を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。



繊細な細胞の解凍では上記のような方法は行いません。
仮に上記の様な方法で解凍した場合には、細胞は全て死滅してしまうでしょう。


学生時代に、細胞の保存・解凍は子供を寝かしつけ、起こす時と同じ様な感覚だと教わりました。
細胞を寝かす(保存)ときは、子守歌で子供を寝かしつけるように、ゆっくりゆっくりダメージがないように保存温度を下げていき、
細胞を起こす(解凍)時は、子供を叩き起こすようにすばやく解凍しなさい。



世のお子様がどういった方法で、寝かしつけ、起こされているかはわかりませんが、細胞の解凍で大切なのはスピードだということを伝えたかったのだと思います。



では、なぜ細胞の解凍を早くしないといけないか、というと・・・


・再凍結により細胞が傷ついてしまう
ゆっくり解凍すると0度付近に近づいた際、少しの刺激で再凍結してしまいます。
この氷の結晶は膨張し、鋭敏な結晶となるため細胞膜を傷つけてしまうのです。



・細胞保存液に使うDMSOが細胞に毒性を与える

DMSOは凍結保護剤として使用されますが、常温に戻ると熱を発し、細胞が死んでしまう場合があります。
DMSOを使用し細胞を保存することは一般的な方法ですが、細胞の種類によってはDMSOを使うと死滅してしまうので、使わない方法で保存する場合もあります。



↓DMSO








私は培養工程の中で、この”解凍”に一番神経を使います。
急いで細胞を起こせばいいというわけではなく、少しのダメージで細胞が起きなかったり、増殖が悪くなってしまう可能性も出てくるからです。



皆様の細胞は、ダメージを最小限に抑えるよう、上記のように迅速かつ丁寧に起こしておりますので、どうぞご安心ください.


facilities12



///////////////////////////////


posted by JYC STAFFS at 12:55| 東京 ☀| Comment(0) | 細胞のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。