2014年09月20日

9/9 食べ物を大切にする日

こんにちは、培養士Bです。

今日は食べ物を大切にする日です。


 

『食べもの大切運動』に取り組んでいる一般財団法人 ベターホーム協会が制定しました。

日付は健康長寿を祝う重陽の節句が9月9日であることと、食べものを"捨てないん(9)""残さないん(9)"の語呂合わせから来ています。

「食べものを大切にして、健康に」という願いも込められているそうです。



−日本は食べ物を大切にしない国−


輸入大国日本は、廃棄大国でもあります。

日本の食品の半分以上は、世界から輸入したものですが、年間 5500万トンの食糧を輸入しながら、1800万トンも捨てていると言われます。



そのうち年間500万トン〜800万トンの食品ロスがあると推計されています。
食品ロスとは、食べられる食料を捨ててしまう行為を指します。

この年間500万トン〜800万トンいう数字は、1人1日おにぎり1〜2個分の量に相当します。

 

−食料廃棄率No.1は日本−

日本の食品廃棄量は1940万トン、アメリカの食料廃棄量は3300万トンとアメリカのほうが食料廃棄量が多いですが、1人あたりに換算すると、アメリカ105kg/人、日本152kg/人と日本のほうが多くなります。
お金に換算すると年間11兆円も無駄にしている計算になります。


−日本の食品ロスは世界の食糧援助量の約2倍− 

世界では毎年約1500万人もの人が餓死しています。

世界の食品援助量は390万トン、日本の食品ロスは500万トン〜800万と捨てる量がはるかに多いことがわかります。

また、日本の家庭ごみの割合は60%と高く、約1000万トンが家庭から捨てられています。

この1000万トンいう量は5000万人分の食料になるそうです。



他国から日本に来た方が、”日本の電車は遅刻しない、時間通りに来る”と言います。
それは日本人のきっちりした性格だからできることかもしれません。
しかし、このきっちりした性格が賞味期限を境に食品を捨ててしまう行動につながっているのかもしれません。



−消費期限と賞味期限の違い−

・消費期限
開封していない状態で、なおかつ表示されている方法により保存した場合において、食べても安全な期限を示しています。

期限を過ぎたら、食べない方が良いとされています。


・賞味期限
開封していない状態で、なおかつ表示されている方法により保存した場合において、おいしく食べられる期限を示しています。

期限を過ぎても、すぐに食べられないということではありません。


 

現在、食糧廃棄量が多い日本やアメリカでは、フードバンクという取り組みを行っています。
フードバンクとは食品企業の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、福祉施設等へ無料で提供するという活動です。
その他にも、食品をリサイクルしたり、食品の流通・消費で出る売れ残りや食べ残しに抑制の目標値を設定しています。



昔から米一粒に七人の神様がいるといわれ、食べ物を粗末にすると叱られた記憶のある方もいるかもしれません。
私自身も家庭ごみを見直して、食べ物を大切にするよう努めたいと思います。


imgres.jpg


///////////////////////////////




posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。