2014年08月20日

豊胸手術をする人は・・・

こんにちは、培養士Bです。


当クリニックの治療は”整形”ではありません。
整形のように容姿が劇的に変化し、若返るということもございません。
繊維芽細胞の力で老化のスピードを緩やかにし、自然な状態を維持しながら歳を重ねることができます。
ご自身の細胞を使用していますので、肌の中で異物が石灰化したり、しこりが残ったり、膿が出たり・・・というリスクはありません。


 
アメリカにおける1万3,000人を対象とした調査では、
美容整形手術を受けていない女性に比べて、豊胸手術を受けた女性は自殺率が5倍も高いという結果が出ているそうです。
一説では、身体醜形障害やうつ病など、 心の不安定さを抱えている人が多いことが原因と推察されており、自殺だけでなく、薬物やアルコール依存に陥る危険性も高いのだとか。
日本でも美容整形に対する相談者数も年々増加しているようで、整形失敗による自殺者数は400〜500人にものぼるそうです。



整形大国といえば、皆様は韓国を思い浮かべるでしょうか。
整形手術件数でいえば韓国:65万件、日本:95万件と日本の方が多いのです。
海外では整形手術失敗で死亡する例も多々あるようですが、整形に失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?


1.事前の情報収集
インターネットなどで情報収集をしましょう。
良い情報に目が行きがちですが、後悔しないためにも、メリット・デメリット、失敗したらどうなるのかは事前にしっかりと理解しておいた方が良いですね。


 
2.価格帯で選ばない
ご自身の資金の範囲内で施術を受けようと思うのが通常の考えだと思いますが、安いクリニックを選んで一生後悔するより、お金がたまるまで整形しないという方が後悔が少ないと思います。
体は一生ものですので悔いのない病院選びをしていただきたいです。


3.信用できる医師を選ぶ
”美容整形失敗”で検索すると、その失敗談などが数多くでてきます。
カウンセリング内容が浅い、手術件数を増やすために、施術をすぐに進める、術後の相談にのってくれない医師がいることも事実です。
様々なクリニックのカウンセリングに出向きご自身が信頼できる医師を選ぶのが一番だと思います。


整形を後悔する人には以下の特徴があるそうです。

1.金銭的に余裕がない人
比較的安価ではあるものの、すぐに効果がなくなってしまう治療は頻繁に通院が必要です。
金銭的余裕がない人は途中で止めざるをえないので、後悔する可能性が出てきます。


 
2.流行に流されやすい人
一度行うと戻らない施術の場合、流行に流されやすい人は次々となりたい顔が変わるので後悔するようです。


3.具体的な要望がないのに整形したい人
整形したい箇所を具体的に言えない、仕上がりのイメージをもたないまま美容整形に臨む人は、施術後に納得できない場合が多くあります。



ご自身を大切にするためにもしっかりと時間をかけて考え、後悔しない道を選んでくださいね。


頭を抱えて悩む(後悔してる?)ハムちゃん↓
496772297_f13da628fa_m[1].jpg


///////////////////////////////


posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。