2014年06月28日

−自分自身では気づかないこと−看護師Aと培養士Bの会話

こんにちは、培養士Bです。


今日は私が看護師Aさんからいわれた言葉についてお話したいと思います。


看護師Aさんは数か月前、この治療を受けたくて皮膚採取をしました。
(院長ブログに掲載されていますので、ご興味ある方はこちらもどうぞ)
その際、自分の皮膚がどのように処理されるのか実際に見たいとの事だったので、培養室内の作業を見学してもらうことになりました。


 
私自身はいつも通りの作業をしていただけなのですが、作業終了後、看護師Aさんから”培養している姿がかっこ良く見える”と言われました。
以前にも、”気分が落ちこんだりしていても、一度培養室に入ると元気になって戻ってくるね”と言われたこともあります。


こういった言葉をかけられた時は、素直に嬉しいですし、自分では気が付かなかったことなので驚いたりと様々です。
Aさんの一言で、やはり私は細胞培養が好きなんだなぁ・・・と改めて再確認することが出来ました。
患者様によっては自分の細胞の写真を見て、”なんだか気持ち悪い”とおっしゃる方もいらっしゃいますが、私は細胞が増えていく様子を見ているのはとても楽しく、担当する細胞を愛おしくも感じます。


人によっては、本来好きでない職業についている方もいらっしゃるかと思います。
仕事ですから、好き嫌いだけではできませんが、好きこそ物の上手なれと言います。
今回の件で私は、自分自身が好きな細胞培養を仕事とすることが出来、幸せだなと感じることが出来ました。


この気持ちを忘れることなく、今日も可愛い細胞達を培養していきたいと思います。

photo1.jpg


///////////////////////////////


 


posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。