2014年12月16日

料理上手は培養上手!?

こんにちは、培養士Bです。


 
”男性の心をつかむなら胃袋をつかめ”とは昔からよく言われていた言葉です。
女性アナウンサーなどによる料理王を決める番組はとても人気があったようですね。


その対極に位置する”メシまず嫁”というものも一時話題になりました。
その名のとおり、お料理が苦手な奥様のことのようです。


そんな”メシまず嫁”が培養したらどうなるのだろう?と職業柄考えてしまいました。
今日は培養士の観点でこの"メシまず嫁”について分析したいと思います。


”メシまず嫁”の料理の仕方には色々と問題があるようです。

1.レシピ通りにつくらない
細胞培養に関して考えてみると、細胞培養の作業手順書どおりに行なわないということになります。
どの工程にも意味があり、理由があります。これを守らないと細胞が死んでしまったり、弱ったり、増殖しなくなったりと様々な問題が出てきます。


 
2.分量どおりに調味料を加えない
細胞培養で使用する試薬などは、濃度、量によっては細胞の害となります。


 
3.定番にないオリジナル材料を使う
細胞には色々種類があります。細胞を培養する培地には、その細胞にあった成分、量があります。オリジナルで違う培地を使ってしまったり、他の試薬を混ぜてみたりすると、大変なことになります。


 
4.下ごしらえをしない。
細胞培養でいうと下準備にあたります。細胞を解凍するときは37℃で温めて解凍します。解凍はスピーディーに行なうのが鉄則です。細胞を温める温度が準備できていなかったり、細胞を増やすためのフラスコ・培地などが準備できていなかったりしたら、細胞は増えませんし、死んでしまう可能性もあります。


 
5.妙な自信がある
何事でもそうなのかもしれませんが、過信や慢心はよくありません。


 
6.そもそも料理が好きじゃない
”好きこそ物の上手なれ”という言葉があります。
色々な培養士を見てきましたが、やはり細胞培養が好きという方は上達が早いです。

これらの逆が料理上手ということなので、培養も上手なのでは・・・。という結論にいたりました。
お料理上手な方は、培養士に向いているかもしれませんよ(^^)



ph-eat02.jpg


///////////////////////////////


 


posted by JYC STAFFS at 13:45| 東京 ☔| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。