2015年02月16日

液体窒素の中でもコンタミの危険!?

こんにちは、培養士Bです。



以前、院長ブログ”なぜ肌再生治療の細胞保管料は高額なのか?https://www.jyoshida.jp/article/detail.php/1049/128516”に、当クリニックで使用している液体窒素保存装置の話がありました。
今回は液体窒素保存装置について、更に説明したいと思います。



液体窒素保存装置には2種類の保存方法があります。

・液相
・気相

読んで字のごとくなのですが、
−196℃の液体中(液相)に保存するか、
−196℃の気体中(気相)に保存するかの違いがあります。

当クリニックでは気相式の液体窒素保存装置を使用しており、利点としては汚染のリスクが低いことが挙げられます。



皆様はマイコプラズマという細菌をご存知でしょうか?
ヒトに直接もたらされる被害としては”マイコプラズマ肺炎”が有名です。

培養室でも、このマイコプラズマはとても迷惑な存在です。
細菌界で最も小さく、通常の細菌が通ることの出来ないフィルターを通過してしまいます。
更に、感染しても、肉眼での判別はできません。
(詳しくはゴミゼロの日http://jycstaff.seesaa.net/article/398055268.htmlをご参照ください。)



持ち込まれやすく発見しにくい細菌の為、細胞培養における研究施設等での汚染の割合は15〜35%、汚染率の高い国では80%が汚染されているとも言われています。
※当クリニックでは、注入の前にマイコプラズマを含めた細菌汚染の有無を検査いたしておりますので、どうぞご安心ください。



では、マイコプラズマに感染した細胞を液体窒素に保存すると、一体どうなるのでしょうか?


気相式では汚染拡大の心配はありませんが、液相式ではそうはいきません。
細胞を保存しているチューブをしっかり締めれば大丈夫なのでは?と思うかもしれませんが、
蓋がねじ式のチューブでは超低温下で容器が収縮する上に、チューブ内が陰圧となり蓋の間に溝ができます。
これではマイコプラズマに汚染された液体窒素がチューブ内に入り込んでしまい、細胞が汚染されてしまいます。



以前は、液相式より気相式の方が温度が高くなってしまうという欠点がありました。
現在では-190℃近くまで温度を下げることのできる気相式の保存装置が開発され、注目されるようになってきています。
実際に装置の温度チェックを毎日行っていますが、常に超低温を維持しています。



気相式は液相式に比べ液体窒素の消費量が多い印象をもちます。
その分コストもかかりますが細胞の安全が最優先ですので、私は気相式の保存方法がベストだと思います。
大学など液相式を使用している所がまだまだ多いですが、汚染のリスクなどを考えると早く気相式に切り替わってほしいですね。






facilities12
















posted by JYC STAFFS at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | 細胞のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

2/6 ブログの日

こんにちは、培養士Bです。



2/6はブログの日です。
インターネットにおける記録サービス、ブログの普及を目的に株式会社サイバーエージェントが制定しました。



"ジェイヨシダクリニック STAFF BLOG"は去年の5月からスタートし、早10ヶ月が経過しました。
掲載した記事も、もうすぐ70に到達します。



ブログの内容が”細胞”や”培養法”などマニアックなものを掲載していることが多いので、皆さまに読んでいただけないのでは・・・と心配していた時期もありました。
しかし、当クリニックの患者様は勉強熱心な方が多く、ご来院時やお問い合わせの際にブログの内容が話題に上ることが多々あるようです。


◎ 皮膚採取前はどのような食事に気をつけたほうがいいですか?お肉を食べたら乳び血清になりますか?

◎ 乳び血清にならないように、採血後にクリニックで昼食をとってもいいですか?

◎ 今日は採血があるから、食事に気をつけてきました!!

◎ 今日は4時間前に食事を摂ってしまったので、次回改めて採血に伺います!!

◎ スタッフの方の人柄が伝わってきて、安心して来院できました

◎ パソコンをひらくといつもスタッフブログ読んでいます


といった質問やお言葉を頂くことがあります。
こういったお言葉を頂けるとブログを書いていてよかったなと思います。



その他にも、細胞や培養法などのマニアックな内容もしっかり理解されている上に、
”あのブログにこう書いてありましたよね”など、書いている本人以上に覚えていてくださることもあります(笑)



”看護師Aさんも皮膚採取したんですね?ブログ読みましたよ”
”〇〇の記事が良かったです”など看護師さんと患者様とのコミニケーションにつながることも嬉しく感じます。

治療をご検討中の方には、当クリニックの雰囲気、スタッフの人柄などを知っていただいて、クリニック選びの際に参考にしていただけたら、と思います。



ブログをかかさずチェックしていただいている方のためにも、今後とも更新を継続していきたいと思います。
引き続き、お読みいただけると幸いです(^^)


images.jpg





posted by JYC STAFFS at 10:35| 東京 ☔| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。