2014年12月23日

ジェイヨシダクリニックの妖精

こんにちは、培養士Bです。



皆さま、タイトルをみて驚かれたのではないでしょうか。
今日はメルヘンチックな話?と思われたかもしれません。
メルヘンではありませんが、当クリニックの院長は縁起の良いものをとても大切にしています。


スタッフルームには神棚があり、クリニックの各所に縁起物が設置されています。
気づかれにくい場所にこっそりと飾ってありますが、治療に来られた皆さまはお気づきになりましたでしょうか?

今日はその中の一つ(?)細胞を守るジェイヨシダクリニックの妖精についてのお話です。



その妖精は、患者様の前に姿を現すことはあまりありません。
なぜなら、培養室内で細胞を増やす作業をしているからです。

しかし、デスクワークやお昼休憩、解析作業などで培養室から出ていることもあるのです。



患者様を驚かせてしまわないよう、ご来院時は身を潜めているのですが、移動などの際、見られてしまうことがあるようです。
妖精の影をみた患者様は、とても驚いたように妖精をみつめていると看護師Aさんに聞きました。



妖精の姿は業者さんの様子でもなく、受付や看護師といった風貌でもないので、患者様が ”・・・誰?” と驚かれてしまうのも無理はないですね。

スーツのようなきちっとした服装は、培養作業に適しません。白衣着用も考えましたが、白衣は本来、身を守るためや作業中試薬が飛散した際に目立ちやすいという理由で着用します。検査室から退室する際は白衣を脱ぐもののようです。



このように、患者様に驚かれないようにするにはどうしたら良いか日々考えておりますが、中々良い案が浮かびません。

もし、見慣れないスタッフを見かけた際は、皆さまの細胞を守るジェイヨシダクリニックの妖精が現れたと思っていただければ幸いです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます


posted by JYC STAFFS at 17:47| 東京 ☀| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。