2014年11月24日

バカになるウィルス!?

こんにちは、培養士Bです。



最近、フジテレビの特ダネで”バカになるウィルス発見”というニュースを見ました。
このニュースをみた方は私も実は感染しているのかも・・・と思ったのではないでしょうか?
私も小さい頃、池などで遊んでいたので感染しているのでは?なんて思ってしまいました。



というのも、今回発見されたバカになるウィルス”ATCV-1”は、世界中の池や湖で生息していて、緑藻に感染増殖するDNAウィルスとして知られています。
人に感染しないと考えられていたそうですが、アメリカ、ジョンズ・ホプキンス大学のロバート・ヨーケン教授によって、感染すると視覚処理や空間認識などの認知能力に影響を与えるということがわかったそうです。



↓ATCV-1ウィルス
頭が悪くなるウィルスが発見される! 気づかず感染している可能性も



他の目的で喉のDNAを採取した際、バカになるウィルス”ATCV-1”を偶然見つけたそうです。
今回の発見に使われたデーターは92人でそのうちの40人が感染していました。
約45%近くになりますので、多くの感染者がいることになります。



では、実際どの様なことをしたかというと

・注意の範囲を測定するテスト
・視覚的な処理の中で脳の正確さおよび速度を測定することを目指したテスト



その結果、ウィルス保持者のほうが非保持者より平均7−9ポイント低い結果が出たそうです。
ちなみに、研究に協力した92名は、精神疾患か重大な肉体的病気のない成人とのことですので、腱鞘炎でうまくテストができなかったとかパニックになってテストができなかった、ということはないようです。


この結果だけですと、ATCVウィルスに感染したからテストのスコアが悪くなったとは言えず、ATCVウィルスに感染した人がたまたまテストのスコアが悪かっただけかもしれません。



そこで、9-11週齢マウスの腸管にATCVウィルスを注入して変化があるか検証です。
その結果、マウスを迷路に入れたが、脱出するのに時間が長くかかったり、新しい障害物に注意を払わなかったり、新しい入り口に気づかなかったりと感染後に明らかな変化が見られたそうです。



その他に、ATCVウィルスが海馬内に入り記憶形成、学習およびシナプス可塑性(学習とメモリの重要な基礎)に関係のある遺伝子の発現に変化をもたらしました。



感染経路も不明ですし、これからまだまだ研究を続けていくようです。
このニュースをみた方々の反応は


・私がバカなのはこのウィルスのせい
・ある日を境にバカになった気がする
・俺はバカではなく患者
etc...



ちょっとしたネタとして扱っている方が大半のようです。
実際、データ数が92件と少ないですし、気長に研究の進捗を見守ったほうがよさそうですね。






///////////////////////////////






posted by JYC STAFFS at 13:41| 東京 ☀| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

赤と青を混ぜると・・・?−細胞融合のはなし−

こんにちは、培養士Bです。



”なんにもないぶろぐ”をお手本に、最近断捨離を始めました。
書棚を整理していると学生時代のノートを見つけ、ページをめくる度に懐かしい記憶が蘇ります。
今日はそのノートに記されていた
 ”マウスのミエローマ細胞と赤血球の細胞融合−ヘモグロビン検出およびエリスロシン染色−”のお話です。



タイトルを聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、
簡単に言うと、がん細胞と赤血球を合体して染色してみました。という内容です。
一般的には、モノクローナル抗体作製に細胞融合という手法を使います。
抗体には、ポリクローナル抗体、モノクローナル抗体といった種類があり、動物に抗原を打って産生させた抗体はポリクローナル抗体に含まれます。



この2種類の抗体の何が違うかというと、
モノクローナル抗体は単一の抗原決定基を、
ポリクローナル抗体は複数の抗原決定基を持っています。
そのため、ポリクローナル抗体では広範な抗原抗体反応を示し、過剰免疫抑制による感染症、PTLD(移植後リンパ増殖性疾患)などのリスクが増大するというデメリットがあります。



モノクローナル抗体は特異性が高く、悪性腫瘍など目的の組織や細胞に対して,薬物を選択的に到達させるミサイル療法にも利用されています。


そんな素晴らしいモノクローナル抗体ですが、抗体を生み出す細胞には寿命や増殖の限界があり、産生される抗体にも限りがあります。
そこで、無限に増えるがん細胞と抗体を生み出す細胞を合体して、生産効率を増大させる為に細胞融合という手法が使われているのです。
融合した細胞はハイブリドーマといいます。



私が行った実験では赤血球とがん細胞の細胞融合実験でしたが、融合後の細胞観察が楽しかったので今でも鮮明に記憶しています。
エリスロシン染色とヘモグロビン検出を行うのですが、この説明をすると長くなってしまいますので、染色するとどうなるかというお話だけにとどめておきます。



エリスロシン染色は細胞の生死判定に使われ、細胞が死ぬと赤色に染まります。細胞が生きていれば無色透明です。
ヘモグロビン検出は赤血球に反応して青く染まります。


ミエローマ細胞(生)=無色透明
ミエローマ細胞(死)=赤
赤血球=青
ミエローマ細胞と赤血球の融合細胞(生)=青


といった具合です。
では、ここで問題です。


ミエローマ細胞と赤血球の融合細胞(死)=
一体何色になるでしょうか?
・・・簡単ですね(^_^)



A1311530183.jpg






posted by JYC STAFFS at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | 細胞のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

プラスワンサポート

こんにちは。

看護師Aです。


本日はご好評いただいております、プラスワンサポートについてのお話しです。


“プラスワンサポート“とは・・・

一言でお伝えすると、3回目の注入をお安くできるサービスです。


ただ、このプラスワンサポート、お値段が安いだけではなく患者様ご自身の満足度が非常に高い印象を受けます。


プラスワンサポートをご利用いただいた方々にお話しを伺うと、

・3回目が一番ミソ!

・2回目で分からなかった効果を感じられた

・2回より3回が大事だと実感できた

などのお声を複数いただいております。


患者様から嬉しいお言葉をいただけると、とても嬉しくなりますね(*^_^*)

そして・・・現在注入貯金中の看護師Aとしては、少々羨ましくもあります(^^)



効果を感じたからこそ3回目をご希望の方、

効果が少なかったからこそもう一押ししたいという方、

やるなら徹底的にやりたい!という方、

少し値段が下がるなら物は試しに・・・などお受けいただく理由は様々です。


また、一度3回注入を受けられた方は、他部位に注入する場合も3回したい!とおっしゃっていただくことがございます。



では、なぜこのようにご好評いただいている3回目の注入に割引があるのか。



それは・・・

皆様に基礎治療での土台作りをしっかりとしてほしい

3回注入の良さや大切さを知ってほしい

そして、少しでも多くの患者様にご満足いただきたい

そんな思いから始まったサービスだからです。



プラスワンサポートの半分は院長の優しさで出来ていますね(*^_^*)

皆様、当クリニックが自信をもっておすすめする、プラスワンサポート是非ご活用くださいませ。



プラスワン.jpg


プラスワンサポートについての詳しい説明はこちらをご覧ください↓↓

https://www.j-yoshida.jp/first-plusone.html

(※サービス内容は変更、終了する場合がございます。また、効果を100%補償するサービスではございませんのでご注意くださいませ。)



///////////////////////////////



posted by JYC STAFFS at 15:33| 東京 ☀| Comment(0) | 治療のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。