2014年10月28日

培養作業の話B−凍結保存−

こんにちは、培養士Bです。



今日は培養作業の凍結保存についてお話したいと思います。
凍結保存とは−80℃のディープフリーザーや、−196℃の液体窒素の中で細胞を眠らせることをさします。
−196℃の液体窒素の中で細胞は半永久的に眠ることができます。



凍結保存の仕方としては、細胞を回収し保存試薬で保存するか、DMSOと基礎培地、血清を使用して保存するなどの方法があります。どちらの方法をとったとしても、緩やかにに温度を下げて凍らせる必要がありますので、それを可能にする機器や物品などが必要になってきます。



緩やかに温度を下げる理由としては、”氷の結晶”が関係しています。
急速冷凍してしまうと細胞外の水が、細かく鋭利な結晶を作ってしまい細胞膜を傷つけてしまいます。
ゆっくり凍結すると大きな結晶ができるため、細胞膜を傷つけるリスクを減少させることができるのです。



とはいっても、すべての結晶が大きくなるとはかぎりません。
少なからず鋭利な結晶もできてしまうので、多かれ少なかれ細胞は傷つけられてしまいます。
保存した細胞は必要な時に解凍して使用しますが、解凍によっても細胞はダメージをうけてしまいます。



では、なぜこの保存という作業が必要になるのでしょうか?
細胞を傷つけないためにも保存は行わず、継代を繰り返した方が細胞にとっていいのではないか?と思ってしまいそうですね。



しかし、継代をしつづけることで生じる様々なデメリットがあります。

・形質転換
形質転換とは正常な動物細胞が無制限に分裂を行うようになったり、、その細胞が有していなかった性質が現れたり、逆に本来もっていた性質がなくなったりすることをさします。


このような細胞を治療に使ってしまうと、本来コラーゲンを生成するはずだった細胞がコラーゲンを生成しなかったり、ただただ増殖し、しこりをもたらしたりと治療の効果や意味自体がなくなってしまいます。
当クリニックに限らず、研究などに使われる細胞もころころと性質がかわってしまっては正確なデータがとれませんので、保存、解凍という手法は必ず行う必要があるのです。



・コスト
細胞を増やすための部屋やインキュベーターの数にも限りがありますし、培養に使用する試薬、物品のコストが大幅にかさんでしまいます。
数百人もの細胞を抱えているクリニックやラボで、毎日数百もの細胞のお世話をし続けることは、難しいでしょうし、非常に効率が悪いです。

また、不必要に複数の細胞を培養し続けることは、細胞同士のコンタミネーションをまねくリスクまでも上げてしまいます。


・治療効果
継代し続けるということはその分細胞が分裂し続けるということです。
分裂し続けるということは細胞が老化していくということになります。
老化した細胞を治療に使っても、効果はありません。
これでは、老化が緩やかな、耳の裏から皮膚を採取する意味がなくなってしまいます。

細胞にとって、そして患者様にとってベストな状態にしていく為に欠かせないのが”保存”になるのです。


保存の必要性と重要性をご理解いただけましたでしょうか。
次回は解凍についてお話したいと思います。





///////////////////////////////





posted by JYC STAFFS at 15:31| 東京 ☁| Comment(0) | 細胞のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。