2014年09月01日

9/1 マテ茶の日

こんにちは、培養士Bです。


 
今日は学生にとって新学期スタートの日ですが、マテ茶の日でもあります。

マテ茶の生産国・アルゼンチンでマテ茶の収穫祭が行われることから、日本マテ茶協会が9/1をマテ茶の日に制定しました。



私は、普段お茶を飲まないのでこのマテ茶の存在を知らなかったのですが、看護師さんに薦められ、飲んでみました。


3_013000000015.jpg

 このルイボス&マテ茶はとても飲みやすくて、おいしいです。
味は麦茶に近く、ルイボスティが苦手な方にも飲みやすくブレンドされているようです。
何より水出しできるところが楽で良いですね。暑い夏はペットボトルに入れて一晩置くだけで簡単に出来上がります。


 2_013000000015.jpg

少し前にマテ茶ブームがあったみたいです。人気となった理由として、その効能の良さが挙げられます。

マテ茶の成分と効能

ビタミンA(βカロチン)→抗酸化作用 、老化予防、美肌効果、目の疲労回復 
・ビタミンB1→疲労を蓄積しない、神経を安定させる
・ビタミンB2→肌荒れ・髪のトラブル改善、ダイエット効果
・ビタミンE→がん・老化予防、動脈硬化を予防、血行をよくする、肌のしみ・しわ予防
・ビタミンC→コラーゲンの生成を助ける、老化予防、肝臓の解毒作用に関与、抗ストレスホルモンの生成、動脈硬化を予防する
・鉄→貧血予防、美肌効果
・リン→疲労回復、歯や骨を丈夫にする、 各細胞の生命維持
・カルシウム→骨粗しょう症の予防、高血圧や動脈硬化の予防、イライラを解消
・ポリフェノール→抗酸化作用



その他にも

・頭を刺激する(眠気防止) 

・他のハーブの効果を助ける

・利尿作用 

・花粉症 
・痔 
などに効果があるそうです。


 

また、各種お茶に含まれる成分と比較すると、こんなに差があります。

各種のお茶に含まれる成分表
  成分

品種
鉄分
(mg)
カルシウム
(mg)
カフェイン
(%)
ビタミンC
(mg)
植物繊維
(%)
葉緑素
(%)
アルカリ度
(%)
マテ茶50〜150580〜11000.6〜13210.06.2110
ウーロン茶32.43102.4812.4-50
緑 茶20.0440
2.325010.62.251
コーヒー4.21201.309.01.3-
紅 茶17.44702.7010.91.8-


 普段、飲まれているお茶からマテ茶に変更してみるだけで、体に色々な良い変化が訪れるかもしれませんよ。


 


 

///////////////////////////////


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。