2014年08月26日

つわりもへっちゃら。クリーンルームの中の話

こんにちは、培養士Bです。

 

以前、一児の母である培養の先輩が、”クリーンルームは本当にきれい。つわりがひどかったが、クリーンルーム内だけはほんとに臭いを感じなかった”と以前おっしゃっていました。


 
クリーンルームの清浄度は1立方フィートあたりの空気に、塵埃(粒子個数)がいくつあるかを数字で表します。米国連邦空気清浄度基準とISO基準 がありますが、国際規格ISO基準での表記が一般的だと思います。


 

クラス

最大空中塵埃数 /立方メートル

≥0.1 μm

≥0.2 μm

≥0.3 μm

≥0.5 μm

≥1 μm

≥5 μm

ISO 1

10

2.37

1.02

0.35

0.083

0.0029

ISO 2

100

23.7

10.2

3.5

0.83

0.029

ISO 3

1,000

237

102

35

8.3

0.29

ISO 4

10,000

2,370

1,020

352

83

2.9

ISO 5

100,000

23,700

10,200

3,520

832

29

ISO 6

1.0×106

237,000

102,000

35,200

8,320

293

ISO 7

1.0×107

2.37×106

1,020,000

352,000

83,200

2,930

ISO 8

1.0×108

2.37×107

1.02×107

3,520,000

832,000

29,300




数字ばかりでややこしいかもしれませんが、クリーンルーム内は富士山の頂上と同程度のきれいさとよく表現されます。
こんな目安もあります。


一般環境におけるクラス(清浄度)の目安

場所

粉塵数 [0.5μm以上ft3]

雲の上

1,000

海の上

10,000

手術室

50,000

田園

100,000

郊外住宅地

400,000

事務所

1,000,000

工場

3,000,000

満員電車

5,000,000




 
当クリニックの設備は前室(ISO8)、クリーンルーム(ISO7)、クリーンベンチ(ISO5)と常にきれいな状態で保たれています。
細胞の培養作業をするクリーンベンチ(ISO5)は手術室並みの清潔度です。



これだけ清潔な空間なのですが、清潔さを維持するためにクリーンルームの4原則はかかせません。

・持ち込まない
・発生させない
・堆積させない
・排除する


この4原則を遵守し、清浄度を維持するためには設備の機能、設置後の維持管理が重要です。
当クリニックでは設備の機能はもちろんのこと、定期的なメンテナンスを行い、クリーンルームの清浄度維持に努めています。


徹底した培養環境を維持しておりますので、皆様ご安心ください。

クリーンベンチ





///////////////////////////////


posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 細胞のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/24はバニラヨーグルトの日 

こんにちは、培養士Bです。


 
8/24はバニラヨーグルトの日です。

日本ルナさんがバニラヨーグルトのPRと暑さが厳しい時期に栄養価の高いヨーグルトを食べて、元気に過ごして欲しいとの願いから制定したそうです。

日付はバ(8)ニ(2)ラヨ(4)ーグルトの語呂合わせから決めたのだとか。




私が好きなバニラヨーグルトは、ルナさんのバニラヨーグルトです↓

私にはちょうどいい甘さでぺろりと食べてしまいます。

バニラヨーグルト


ヨーグルトはただおいしいだけでなく、お腹の調子を整えることにも良いと知られています。
便秘という言葉はよく耳にしますが、便秘の定義とは一体何なのでしょうか?


1. 排便の回数の少ないもの
2. 便の量自体の減少
3. 水分の少ない硬い便
4. 排便困難
5. 残便感や腹部の張った感じ


など、状態の組み合わせを言います。

排便回数は個人差が大きいので明確な定義ができないようで、一般的には3,4日以上排便がないときをさしているそうです。


便秘はよく耳にする言葉なので、大事に思う方はいないと思いますが、便秘は体にとても悪いのです。

・有害物質の発生
・悪玉菌が増殖
・ストレス
・痔になる危険性が高まる
・毒素を再吸収
・肌への悪影響
・肝臓への悪影響
・肥満の原因
・口臭が強くなる
・頭痛
・腰痛

など、便秘になるだけでこれだけの悪影響があるのです。


便秘といっても、原因は様々で、
・無理なダイエット
・筋肉量の不足
・排便をがまんしてしまう
・ストレス
・野菜や食物繊維の不足
・睡眠不足による自律神経のみだれ

などが主な原因だそうです。



色々原因はありますが、生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけることが大切なようですね。
まだまだ暑い日が続きますが、ヨーグルトを食べてこの暑さを乗り切っていきましょう。




///////////////////////////////


posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。