2014年08月10日

私が皮膚採取をした理由

こんにちは。看護師Aです。


今日は、私がこの治療を選んだ理由についてお話ししたいと思います。

私はよく、石橋をたたきすぎる性格と言われます。
世の中に出回る美容治療に対して、興味は有っても治療に踏み切ったことはありませんでした。


それは、メリットよりもデメリットを探し、すべてにおいて疑ってかかっていたからです。
自分の肌に本当に良いのか、自分自身に合っているのか、後悔している人がいるのでは・・・
と、調べ上げては踏みとどまるということを繰り返していました。



では、ここに来てなぜこの治療を受けようと思ったのか・・・

最初は患者様から、「スタッフの方は治療されているんですか?」と聞かれることも多く、
患者様の気持ちを理解するためにもいずれ経験として必要かな・・・と思うこともありました。


しかし、
カウンセリングを共に聞くことで、この治療についてだけでなく、他の治療の効果や危険性、肌の奥で本当に起きている現象についてなど、様々な事を知ることができました。
治療に対する理解が深まるにつれ、考え方も変化していったのです。



開院当初、院長が以前務めていたクリニックから、何人もの患者様にご来院いただき、
”是非吉田先生にお願いしたい” といって当クリニックを選んでくださった方々がおられました。
ご遠方から足を運んで下さり、中には複数回皮膚を取り直してでも、吉田先生のところで、とおっしゃってくださる方までいらっしゃいました。
当時は、それほどの技術と信頼を得られることに、とても驚いたことを覚えています。


そして実際に、注入手技の精密さや培養技術の高さを、この目で見ることが出来たことが安心につながったのだと思います。
また、定期健診にお越しいただき、喜んでおられる患者様をみていくにつれ、私もこの治療をしたい!!
と強く思うようになっていきました。


様々な質問を院長に投げかけ、疑問を解決しながら(石橋をたたきながら?)半年以上も考え、治療に踏み切ったのです。
通常の美容クリニックで務める看護師さん達には考えられないほど時間がかかっているかもしれませんが、何をするにも安心、安全は最優先ですね。



まだ注入するに至っておりませんが、鏡を見る度に注入したい箇所が増える今日この頃を過ごしております。
皆様も是非ご自身の目で、信頼できる医師のいるクリニックを選んでくださいね。

2014-08-10 12.54.13-1.jpg


posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。