2014年08月01日

がん細胞を作るのは大変

こんにちは、培養士Bです。


以前、患者様からの問い合わせで、”培養しすぎて自分の細胞ががん細胞になってしまうのでは?”という問い合わせがありました。
STAP細胞が発表された当初、iPS細胞はがん化のリスクが高いなどという報道もあり、自分の細胞ががん細胞になってしまうのではと心配なさる方が多かったのかもしれません。

初期iPS細胞では初期化するためにガン遺伝子を使っていましたが、今ではガン遺伝子以外の問題ない遺伝子で初期化できるそうですし、
再生医療や創薬に応用するために日々研究は続けられています。
当クリニックで培養しているヒト真皮繊維芽細胞も、がん細胞になる心配はございません。


がん細胞=不死化細胞で使われることがありますが、ここでは分けてお話します。
まず、不死化細胞の性質として


・無限増殖力
・死なない(アポトーシス誘導されない)
・細胞周期やシグナル伝達など正常細胞と異なる


などがあげられ、当クリニックで培養しているヒト真皮繊維芽細胞を継代培養のみで不死化細胞にすることは不可能だと思います。
主な不死化細胞の作成方法として、

1.癌組織より単離
2.癌遺伝子を導入する(SV40 largeTやEppstein Barrウィルスなど)
3.hTERT(テロメアを長くする)遺伝子を導入する
4.細胞培養中の自然発生的な形質転換

などがあげられますが、
1.に関しては、癌組織を採取することはありませんし、不死化細胞を作るための2,3のような遺伝子・試薬などは当クリニックでは有しておりません。
4.に関しても、正式な不死化の定義はありませんが、長い期間にわたって(通常最低でも3カ月間)培養可能となった細胞集団を不死化と定義しているところがあります。


当クリニックで既に治療をされている方はおわかりだと思いますが、細胞抽出にかかる期間は1ヶ月程度です。
治療に使われる細胞の継代数も決められており、不死化細胞になるような長期間培養も行っておりません。
患者様に注入する細胞は極めて安全と言えます。


また、不死化細胞が人体に入ったとしても、腫瘍をつくらないこともあり、必ずしも不死化細胞が体内でがん細胞になるとはいえません。


以上の理由により、皆様の治療に使われる細胞が不死化細胞になることはありません。
むしろ、不死化細胞を作ることの方がとても大変なのです。

難しい話になりましたが、皆様、安心して治療に臨んでくださいね。


///////////////////////////////



posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 細胞のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。