2014年07月04日

−患者様からいただいたお言葉A−看護師Aと培養士Bの会話

こんにちは、培養士Bです。


またまた患者様から嬉しいお言葉を頂いた看護師Aさんのお話です。
前回のブログ(患者様から頂いた言葉−看護師Aと培養士Bの会話−)も読んでいただけると嬉しいです。


看護師Aさんは人を良く観察し、細かい気配りができる方です。患者様に出すお茶菓子の種類、お茶菓子を出す時間帯etc...と色々なところに気を配ります。看護師という職業なので、よく観察するといったところは人より長けているのかもしれません。でも看護師Aさんは看護師さんの中でも特に長けていると私は思います。


複数回来院予定の患者様がいらっしゃったのですが、その方は最初にお出ししたお菓子を残さずおいしそうに召し上がってくださいました。
そこで看護師Aさんの本領発揮です。患者様がお菓子好きならと、残りの来院7,8回すべてのお菓子がかぶらないようにと、毎回種類を変えて患者様にお出ししていました。



そして、来院予定最後の日。
患者様から”いつも違ったお茶菓子がでてきたので、来院するのが楽しみだった”とのお言葉を頂いたのだそうです。
本当にささいなことかもしれませんが、そういった心配りで人を喜ばせるのは大変にすごいことだなと私は感じました。


看護師Aさんは相手を思いやる優しい気持ちを持った方です。だからこそ、こういったことができるんだと私は思います。
私も看護師Aさんの思いやり精神を見習って日々を送りたいなと思いました。


photo1.jpg


///////////////////////////////


posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。