2014年07月06日

ほうれい線が見た目を決める!?

こんにちは、培養士Bです。


今回は皆様が気になる、”しわ”についてのお話しです。

世の女性が気になるしわはどの部分だと思いますか?

1位 ほうれい線
2位 目尻のしわ
3位 目の下のしわ



 
ロート製薬さんの調べでは女性の年齢はほうれい線で判断されるそうです。
ほうれい線が1cm長くなると、驚くことに6歳も老けて見られるとか・・・。

そう考えると、最も気になるしわの部位がほうれい線という結果にも納得できます。


ほうれい線約4cm↓
1.png


ほうれい線約5cm↓
2.png

たった1pの差ですが、とても印象が違って見えてきます。


その他にも
・30代以上の女性は、7割以上が”ほうれい線やたるみ”で自分の年齢を感じる
・約8割の女性が”たるみ”を感じつつも、実際にケアしているのは2割程度

ということがわかっているそうです。


ほうれい線の平均値は
20 代 : 4.16cm
30 代 : 5.03cm
40 代 : 5.34cm となっています。

この値をみると20代と30代では約1cmのほうれい線の長さに差がありますが、30代と40代では約0.3cm程度しか差が無いことがわかります。
実際にしわの長さがのび、気になり始めるのが20代と30代の境目なのかもしれません。

 

ほうれい線で見た目年齢が決められているという事は、
逆にいえば、ほうれい線のしわに気を付けていくことで、若く見えてくるということになります。

当クリニックでの治療は肌にはりやこしを持たせることで凹凸をなだらかにし、ほうれい線などのしわを目立ちにくくさせるという特徴があります。気になるほうれい線のケアから始めてみてはいかがでしょうか?


///////////////////////////////





posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

−患者様からいただいたお言葉A−看護師Aと培養士Bの会話

こんにちは、培養士Bです。


またまた患者様から嬉しいお言葉を頂いた看護師Aさんのお話です。
前回のブログ(患者様から頂いた言葉−看護師Aと培養士Bの会話−)も読んでいただけると嬉しいです。


看護師Aさんは人を良く観察し、細かい気配りができる方です。患者様に出すお茶菓子の種類、お茶菓子を出す時間帯etc...と色々なところに気を配ります。看護師という職業なので、よく観察するといったところは人より長けているのかもしれません。でも看護師Aさんは看護師さんの中でも特に長けていると私は思います。


複数回来院予定の患者様がいらっしゃったのですが、その方は最初にお出ししたお菓子を残さずおいしそうに召し上がってくださいました。
そこで看護師Aさんの本領発揮です。患者様がお菓子好きならと、残りの来院7,8回すべてのお菓子がかぶらないようにと、毎回種類を変えて患者様にお出ししていました。



そして、来院予定最後の日。
患者様から”いつも違ったお茶菓子がでてきたので、来院するのが楽しみだった”とのお言葉を頂いたのだそうです。
本当にささいなことかもしれませんが、そういった心配りで人を喜ばせるのは大変にすごいことだなと私は感じました。


看護師Aさんは相手を思いやる優しい気持ちを持った方です。だからこそ、こういったことができるんだと私は思います。
私も看護師Aさんの思いやり精神を見習って日々を送りたいなと思いました。


photo1.jpg


///////////////////////////////
posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

クリニック選びA

こんにちは、培養士Bです。


クリニック選び@に続いて、クリニック選びのポイントを記載してみました。
前回のクリニック選び@こちら↓


1. 施設内の衛生面

患者様をお迎えするにあたり、受付や診察室の清潔感は大切です。クリニックに足を運ぶ際には、確認してみてください。

また、細胞培養を行うにあたり、培養室内は清潔に保たれている必要があります。

クリニック内に培養室を併設しているところならば、以下の点に注目してみてください。


@ 培養室内の様子

A 前室(培養室に入る一つ前の部屋)

B ガウニング・デガウニングルーム(無塵衣に着替える部屋)



デガウニングルーム↓

photo1.jpg

上記の項目も確認することで、普段から清潔に保たれているかが見えてきます。

培養室内は窓ごしでしか確認できないと思いますが、その他は見学も可能なところが多くあると思います。

清潔感があるか、整理整頓されているか、異臭はないかなどチェックしてみてください。



 

2. 治療費用

クリニックによって費用は様々で、独自の料金設定になっています。

聞きにくいことだとは思いますが、なぜ高いのか、なぜ安いのか、キャンペーンを行っているのか、いないのか、またその理由など、直接聞いてみることで、クリニックの特徴や考え方も見えてくると思います。



 
参考程度に複数のクリニックの料金表を作ってみました。クリニックによって各種金額は様々です。
当クリニックの料金につきましては、ホームページよりご確認ください。

クリニック

皮膚採取&注入2cc×1

皮膚採取&注入2cc×2

保管料/

補足

A

\615,600

\831,600

\54,000

      −−−−−

B

\645,000

\861,000

\104,000

割引プランが多数ある

C

\533,900

\710,000

 −−−−−      −−−−−

 

3. 信頼関係

細胞保管をして維持注入するとなると、医師、看護師、受付、培養士と長いお付き合いをしていくことになります。

だからこそ、自分自身の目で信頼できる人を選びたいですね。

当クリニックでは患者様との時間を大切にしているため、カウンセリングや検診など他のクリニックより長めのお時間をいただいております。


カウンセリングは無料の所がほとんどですので、複数のクリニックのカウンセリングに行ってみることをおすすめします。

直接来院することでクリニックの雰囲気、治療へのこだわりやクリニックならではの特徴、スタッフの人柄などがよくみえてくると思います。

遠方の方は電話カウンセリングを行っているクリニックもありますので、まずはそちらを利用して疑問点を解消してから来院してみても良いと思います。




クリニック選びはご自身の肌を変えるための大切な選択です。
”ここのクリニックに細胞を預けたい”と思えるクリニックを選んでくださいね。

img_53438b4a792d2[1].jpg


///////////////////////////////


posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。