2014年06月22日

犬ってすごい!!−化粧品をみわける能力−

こんにちは、培養士Bです。


 
私の母は、化粧品はもちろんシャンプー、リンス、歯磨き粉、水etc...と体につけるもの、入るものにとてもこだわる人です。
母のおかげで、私は大きな病気ひとつせず、これまでの日々を健康に過ごすことができました。


そんな母の愛用している化粧品があります。
私が帰省している時に化粧品販売の方が自宅まで持ってきてくださいました。

私の犬も吠えることなくしっぽをふってお出迎えです。↓


8.jpg

今回は母に合うオイルも持ってきてくださったとのことで、試しに母の手につけてみました。


・・・すると
愛犬が一心不乱に母の手をなめます。販売の方の手もなめます。
母に”ご飯もらってないみたいにみえるからやめなさい!!はしたない!!”と叱られても一心不乱に手をなめます。
その光景が一番恥ずかしい・・・。


ちなみに、こちらの化粧品は石油原料や化学合成品を使わず自然に存在するものを使って作っており、赤ちゃんやペットがなめても安全なんだそうです。

 
私はその時、市販のオイルをつけたのですが、私の手は一切舐めてもらえず・・・。
手を差し出しても首をぷぃっと横に向けてしまいました。

y.png

 
友人のお宅のチワワちゃんはお化粧をしているときは顔を一切舐めないけれど、お化粧を落とすと顔を舐めてくるそうです・・・。
匂いで判断しているのでしょうか・・・。犬ってすごいですね。

 
 い.png 

当クリニックで皆様にご利用いただいている化粧品は、
鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、旧表示指定成分を使用しておりません。


化粧水、セラムオイルなど、注入後にも安心してご利用いただけます。


///////////////////////////////


posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

−患者さまからいただいたお言葉−看護師Aと培養士Bの日常会話

こんにちは、培養士Bです。


今日は私と看護師Aさんとの、ある日の会話をご紹介したいと思います。
看護師Aさんはいつも笑顔でおっとりしています。
ある日、いつも以上にニコニコとしているため、話を聞くと患者さまから嬉しいお言葉をいただいたのだとか。


その患者さまは美容に大変お詳しく、この治療に関してもとても熱心で様々な質問をして下さいます。
看護師Aさんが、それらすべての質問に返答すると、患者さまから
”何を聞いても医者並みの返事が返ってくる、勉強していてすごいわ”とのお言葉をいただいたそうです。


Aさんは、こういったお言葉をもらえると、恐縮しつつも純粋に嬉しく、非常に励みになります。今後も頑張ろう!と笑顔だったようです。

そして私も温かい気持ちになり、看護師Aさんをちょっと羨ましく思いました。
培養士は日頃、患者さまと接する機会が無いため、こういったやり取りをすることが出来ません。接する機会が少ないからこそ、スタッフブログという形で情報発信していけたらと思っています。


私から見て、こういったお褒めの言葉を頂けるのは、やはり看護師Aさんの絶え間ぬ努力の結果だと思います。
看護師Aさんは培養室の見学に入ると、すぐにノートにまとめ、細胞培養、品質検査のこともよく勉強しています。
私も看護師Aさんを見習って、今後も日々努力していこうと感じました。


thXHQPJETL.jpg


///////////////////////////////
posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

細胞の話−20代培養士VS50代患者様−

こんにちは、培養士Bです。


私は50代なのですが、この治療を始めるには遅すぎますか?とお問い合わせをいただくことがあります。

培養士の観点からみると、必ずしもそうとは言えません。

経験的に年齢を重ねた方の細胞が常に悪いと思ったことがないのです。


信じられない!と思うかもしれません。そんな方は私の細胞と50代患者様の細胞を比較したものをご覧ください!!


13-M5_21℃24H_2F.jpg



 13-25_3F-2.jpg

どちらが50代患者様の細胞かわかりますか?

きっとわからないと思います。



培養士Bの細胞が老けてるんじゃないの?と思われる方はどうぞこの写真もご覧ください!!


 

13-M5_select_20F_D3.jpg

これは実験用に培養士Bの細胞をあえて老化させた細胞です。 



20代と50代の細胞がまったく変わりないとはいいません。

通常、細胞は分裂できる回数が決まっています。私の細胞と50代患者様の細胞を増殖させ続けた場合、先に老化するのは50代患者様の方でしょう。しかし注入に使う細胞は分裂能力をもった若く元気な細胞です。



安心して治療にのぞんでくださいね。




posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 細胞のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。