2014年05月31日

治療の足跡そのA

治療効果は、こんなに早くでるんだなー目

今日はプラスワンサポートで来院された患者様のお話。(同一部位に3回目の注入)←2回注入より効果が倍増するとか。。

患者さんにお勧めしている、基本2回注入より5か月が経過した時点で、

2回目の注入後より、気にしていたところが、気にならなくなったーわーい(嬉しい顔)
肌がしっとりするようになったーわーい(嬉しい顔)
2回でも十分に満足だけど、3回目も足を運ぼうと思ったのは、効果の実感が大きかったからだexclamation×2
というお話がきけて
わおーーー!!

前回は、維持治療をしている患者様の、注入前後のビフォア―アフターぴかぴか(新しい)
2年前と、現在との写真を比較して
明らかに、今のほうが若い!って細胞注入のすごさを再確認できたけど、
今日は、こんなに短期間で、治療効果がでるんだ
へーーーー!!
リピーターさんになるわけだexclamation×2
細胞保管が大事なわけだexclamation×2と納得感がありました

*******
東京都渋谷区恵比寿1-21-8セラ51ビル5階
0120-013-078
水曜と木曜が休診日です。
*******







posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 治療のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★家庭画報ついに発売★

こんにちは、培養士Bです。

先日、家庭画報の取材を受けました。
本日(5/31)は待望の発売日です!!

photo3.jpg

アンチエイジング医療新時代/J.YOSHIDA CLINICの目次を発見しました!!
早速、どういう記事になっているか見てみることにします。


ページをめくると、院長が登場します!!

7.png


次ページにはクリニック設備の写真が満載です!!

3.png

記事が掲載されるにあたって、院長は言葉の端々まで文章をチェックしました。それもこれも、この治療を多くの方々に正しく理解していただきたいという強い思いからです。
是非、お手に取ってご一読いただければ幸いです。
posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

ゴミゼロの日

本日は、5月30日 ごみゼロの日に制定されています。


培養室といっても様々な環境のものがあり、大学で実験用に使用されている培養室は白衣のまま入室し、培養実験を行うところもあります。
当クリニックの培養室は培養した細胞を患者様に使用するため無菌的な操作が求められます。そのため、使い捨ての無塵衣を着用し培養室に入室します。培養室内も陰圧であり、常に清潔な状態が保たれる環境となっています。


培養室が清潔に保たれているのであれば、掃除は必要ないのでは?とお考えの方もいらっしゃると思います。
しかし、人間が出入りする以上汚れはつきものです。
培養に使用する恒温槽(酵素液をあたためる機械)と呼ばれるものがあります。この恒温槽からの汚染(以下コンタミネーション)も非常に多いと言われています。


photo1.jpg



 
真菌や酵母によるコンタミネーションを起こすと培地(培養に使用される液体)の色に変化が起き、異臭もします。
当クリニックのように無菌的な操作を行う培養室では、コンタミネーションは起こってはならない現象ですが、培養士の技術によってはコンタミネーションをおこしてしまう確率も残念ながら上がってしまいます。

私自身研究や臨床の現場でコンタミネーションの経験はありません。
正常な細胞をあえて真菌や酵母で汚染して顕微鏡で観察するという実験を学生時代に見学した限りです。

photo1.jpg

 
真菌やカビ以上に問題となるのが、”マイコプラズマ”と呼ばれる微生物です。
マイコプラズマとは、自己複製能をもつ最小の原核生物。真菌やカビを除去するフィルターをかいくぐってしまうのです。

 

細胞に及ぼす影響としましては
・増殖抑制
・細胞膜の性質が変化
・細胞のたんぱく質、ゲノムDNAの数十%がマイコプラズマ由来となる可能性
があります。

 
ではいったいどのように持ち込まれてしまうのでしょうか。

作業従事者による直接汚染、培養液などすでに汚染されたものから、他の器具、培地、試薬に汚染が広がる拡大汚染など様々です。
臓器や組織からの直接汚染は数%しかありません。

 
当クリニックでは、注入に使用する細胞は常に微生物検査、マイコプラズマ否定試験を実施しています。また、培養室専門の業者による定期点検も行っております。
汚染の恐怖を胸に刻みつつ、皆様の細胞の為に、これからもきれいな環境を維持していきたいと思います!!

写真2.jpg

当院長のブログにも、”細胞培養室ってこんなところ〜最強のゴミの発生源とは!?”が掲載されています。
興味のある方は、こちらもご覧ください!!
posted by JYC STAFFS at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | クリニックスタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。